再開!!一澤帆布のおしゃれなかばん
再開!!一澤帆布のおしゃれなかばん

一澤帆布工業

一澤帆布工業株式会社は、京都市東山区にある布製かばんのメーカーです。『京都市東山知恩院前上ル 一澤帆布製』と縫い込まれた赤枠のタグで有名です。

2006年、相続をめぐるトラブルにより一時営業休止していました。

このトラブルにより、創業一族の一澤信三郎とそれまで勤めてきた職人は退社し、同様のかばんを取り扱う一澤信三郎帆布を設立しました。 一澤帆布工業株式会社を引き継いだ長男・信太郎は新たな職人と素材にて2006年10月16日より営業を再開。

製品の特色

一澤帆布製のかばんは帆布(はんぷ)と呼ばれる綿または麻製の厚布で作られている。 実用性が高く、豊富な色、抜群の耐久性などを特色として、ブランド品として若者に大人気、写真、登山、地質調査などの機材運搬用のかばんとして根強い支持を受けてきました。 販売は京都市東山区にある一澤帆布店のみに限られていた。

歴史

現在の一澤帆布は1905年に創業。大正時代になると自転車が普及し、自転車のハンドルに掛ける道具袋の需要が生まれ、薬屋、牛乳屋、大工、植木屋、酒屋などの職人用カバンの製造を行った。戦後はリュックサックやテントも手がけ、職人用カバンを基にした各種のかばんで知られるようになる。

このページのトップに戻る
『一澤帆布のかばん』はAmazon.co.jpのウェブサービスによって実現されています。
Copyright 2005 一澤帆布のかばん All rights reserved.